カゴの中身を見る マイページ会員専用へ ご利用案内 (お支払い・配送) お問い合わせ お客様の声

美和桜 大吟醸 720ml

自らの手で育てた酒米で、納得のいく酒を醸す

美和桜 大吟醸 720ml

酒米の里で、自作米の純米吟醸酒が人気

美和桜 大吟醸  720ml
美和桜 大吟醸 720ml

「杜氏と私が二人で稲を植えました。」と話すのは、社長の坂田氏。

文字通り、米から育てた酒は、どこへ出しても恥ずかしくない出来だという。

広島県の山奥の蔵だが、その酒は都市圏でも高い評価を得ているのだ。

和食のよさを最大限楽しむなら、もう日本酒しかない!

和食と日本酒

透明で澄んだ味わいの純米吟醸で、上品な懐石料理の味は何倍にも引き立ちます。

また、夏には、お豆腐やざる蕎麦と、爽やかな味を感じる生貯蔵酒をグラスできゅーっ。

冬には、ぐっつぐつの鍋料理と温めて飲み口がなめらかになった燗酒を、お銚子でちびりちびり。

長い歴史の中で育まれ、洗練されてきた和食とともに、それに合うように進化を遂げたのが日本酒だから、「和食のよさを最大限楽しむなら、もう日本酒しかない!」というのが食通の一致した意見なのです。

ワインの国、フランスで日本酒が大人気?!

和食と日本酒

また、最近、国外でも日本酒の人気は急上昇しています。

食の安全、健康への関心から『魚料理』の人気が、海外で高まりつつあるのですが、『 吟醸酒 』と『 魚料理 』の相性のよさは、ワインの国、フランスでも大変注目を集めているのです。

フランスだけでなく、今や、ヨーロッパ諸国、アメリカでも日本酒への関心・人気は高まりつつあり、輸出額も毎年大幅に拡大しているのです。

日本に住む我々も、敬遠することなく、日本酒を飲んでみようじゃありませんか!

呑み頃温度:
美和桜大吟醸720ml
ロック 冷や 常温 ぬる 熱燗


商品データ:
美和桜 大吟醸720ml
精米歩合 40%
アルコール分 16度以上17度未満
日本酒度 +3.5
酸度 1.4
原料米 千本錦
酵母 ?

日本酒度・酸度のバランスが、お酒の味を決めます。 (あくまで目安としてお考えください)

●日本酒度とは?:
+傾向 なら 辛 / ?傾向 なら 甘

●酸度とは?:
数値が大 なら 濃醇 / 数値が小 なら 淡麗

自らの手で育てた酒米で、納得のいく酒を醸す

広島お酒スタイル店長写真

『 店長より一言 』
美和桜 大吟醸 720ml

酒米の味を丁寧に引き出した純米吟醸酒は、旨味の乗ったどっしりとした芳醇酒。

それも、酒米を苗から育て、それを酒として仕込むまでの心のこもった酒造りがなせる技といえます。

一面に広がる広大な田園を、蔵主の坂田社長と見渡すと、美和桜の酒の味もより深いものに感じられるのです。

近所の酒屋さんでは、なかなか手に入らない地酒です!

全国でも数少ない西国地酒の専門店だから、近所の酒屋さんでは、まず見かけない銘柄を揃えております。 ただし、在庫数が限られており、完売した場合・・・

次回入荷は未定!

在庫があったら、お早めにお買い求めください!まとめ買いもおすすめです。

美和桜 大吟醸 720ml

価格:

2,749円 (税込)

[ポイント還元 27ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

※:梱包資材費が含まれるため、店頭小売価格より若干高い販売価格となっております。
ご了承くださいませ。


こんな風に飲むのも「 粋 」♪

関連商品

購入数

美和桜 純米酒 720ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】

1,102円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米酒が人気のこだわり酒蔵 』
購入数

美和桜 純米酒 1800ml【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】

2,532円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米酒が人気のこだわり酒蔵 』
購入数

美和桜 純米吟醸 300ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】

716円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米吟醸酒が人気 』
購入数

美和桜 純米吟醸 720ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】

1,982円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米吟醸酒が人気 』
購入数

美和桜 純米吟醸 1800ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】

3,403円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米吟醸酒が人気 』
在庫切れ

美和桜 大吟醸 1800ml

5,671円(税込)
『 酒米の里で、自作米の純米吟醸酒が人気 』「杜氏と私が二人で稲を植えました。」と話すのは、社長の坂田氏。文字通り、米から育てた酒は、どこへ出しても恥ずかしくない出来だという。広島県の山奥の蔵だが、その酒は都市圏でも高い評価を得ているのだ。

ページトップへ